>

性風俗店の給与額と注意する点

給与が高額な性風俗は儲かる?

性的なサービスを提供するという特異性から給与額が高額だと思われがちな性風俗店ですが、接待風俗店と比べて必ずしも高額な給料が得られるとは限らず、月額10万円~100万円以上と接待風俗よりもピンキリ傾向が高いのと、性的サービスが過激であったり高級店であったりするほど、給与額が高いことが特徴として挙げられ、雇用契約を結ぶタイプや最低日給を保証するタイプのお店以外、個人雇用主に場所を賃貸しているという形式上、顧客が来なければ無給もあり得る点で接待風俗とやや異なります。

なお、儲かるか否かを判断する場合、サービス内容もあって儲かることは確かですが、テクニック・話術・演技力のうちいずれか一つでも身につけておかなければ、業界経験の浅さからくる初々しさを売りにできる年齢までしか通用しませんし、固定客を掴めないと安定した収入を得るのは難しいかも知れません。

性風俗店選びで特に気をつけるポイント

風俗業界は、長らく反社会的勢力の収入源となっていた業界であり、グレーゾーン経営や違法経営の性風俗店などが、未だに反社会的勢力の収入源となっているなど、リスキーな業界であることから、特に法の目を掻い潜っての経営が行われやすい性風俗店で働くことを考える際に、慎重にお店の選定を行わなければなりません。

この時、給料だけでお店を選ぶのは悪手に他ならず、単にグレーゾーン経営を行うに留まっている店ならまだしも、求人条件が守られなかったり、不当な契約を結ぶことを強要されたりすることも十分に有り得るので、きちんと店舗を持った性風俗店を中心にサービス内容がグレーに近いお店を避けることで、給料が少々安くとも一定の安全性を得られる他、会社の創業歴の長さ、特に意味が見受けられない雰囲気重視のローマ字社名や横文字社名の企業を避けるのも効果が望める予防策となります。


この記事をシェアする